こよなく家族を愛する、七つの収入源持つオヤジです。

資産形成をしたい方は気軽にメッセージを下さい。私の収入源をお話しさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銀行ATMよりアイスクリーム

私は日頃、銀行のATMを殆ど使いません。


理由はこの記事最後に書かせて頂きます。


久しぶりに、暑い中、銀行に行かなければならないと、散歩がてら歩いて行ってきました。



暑さに負けて、甘党の私は、つい通りに面した喫茶店でアイスクリームを食べに寄り道(笑)こういう時間って結構和んだりしますよね。



しばらくゆっくりしてから気を取り直して、銀行へ向かう途中、重そうに荷物を持ったお婆ちゃんが、暑い炎天下、ゆっくりと歩いています。ふと手伝わないとと思い声を掛けると、近所とのことで、どうせ声を掛けたなら、自宅の近くまでお手伝いしたいと伝えると、快く私を受け入れてくれました。



優しい声でありがとうと言ってくれたお婆ちゃんは、ニコニコしながら色んな話をしてくれました。その日の晩御飯や、最近民謡が趣味だと言うことなど。



何だか、気分が良いです(笑)



自然と私もニコニコしながら歩いていると、お婆ちゃんが家に寄って冷たい物でも飲んで行きなさいと言ってくれました。こんな風に見知らぬ人間を何とも屈託無い感じで、自宅に招いてくれるそのお気持だけ頂いて、再度私は銀行を目指します。



やっと銀行に到着。しかし暑い(汗)



夏って不思議なもので、生きて来た中でその年の夏が一番暑いと感じるのは私だけでしょうか?



いつも行く銀行なので顔見知りの行員さんも多く、麦茶を出してくれました。口座からお金を下ろす手続きを終えてゆっくりしてると、お金が準備出来たと呼ばれます。



帰り道にも、飲み物を買う暑さ。今年はどんな夏になるのかと、期待をしながら長い散歩も終わりを迎えました。



今日はマル1だけ下ろしました。



私は100万円の束のことをマル1と呼びます。これは、昔、お金が無かった時代に、札束に帯が付いたものを銀行窓口で下ろしたいと、何ともふざけた目標を掲げたりもしてました。



マルは札束にある帯のことです。1は100万円の略。200万ならマル2と言います。普段はマル3からマル4下ろしますが、この日はたまたまマル1。



私はカードより現金支払いが多いです。それはATMを使わない帯付きの札束を持ちたいからだけではなく、自分が稼いだお金を生身で遣うことでありがたみも解るからです。



この重みが嫌いじゃありません。



お金を持った時にそんな風に素直に思える人は、金運を持ってると僕は思います。



皆さんはどうですか?



私の持つ収入源を差し上げます

スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 18:52:13|
  2. ブログ

筋金入りの少数精鋭が好み

「裕福になるのは自分だけで良いんじゃない?」



私が、何故こうして自分の収入源の「からくり」を、惜しげもなく誰かに伝えようとすると言うのはどうしてなのか聞きたくなる方も居るかと思います。



何故、自分が稼いでるにも関わらず、それを他人に教えようとするのか?



自らが費やしてきた時間、そこから得た知識と経験、さらには過多になり過ぎないのかと言う懸念など、様々な事が疑問に湧いてくる場合もあるでしょう。



先ず、私は立ち止まるのが嫌いです。そして、常に変化を求めています。新しい風は新しい刺激となり、それはこれまでに無かった発想や、概念を生み出します。立ち止まりたくないと言うのは、何も四六時中も動きまわってる訳ではありません。常に情報や、人との関わりを持ってなければいけない訳ではありません。



私には妻も娘もいます。時には家族で食事に行ったり、旅行に行ったり、自宅でゆっくり映画を観たりもします。そういう時間を一番に大切にしてますし、お金儲けの為にこうした時間が削られるのであれば、バカ野郎と言われるかもしれませんが、私はもうお金は要らないと断言します。



しかしながら、そう言える段階にまで資産は形成出来ていますし、何か有名になりたいと考えて居たり、地位や名誉が欲しいと言うこともありません。自分が今持ってるものや収入源をこのままずっと保って行く事は、後に取り返しのつかない衰退を招くということを私は知ってるのです。



イメージをしてみて下さい。自分は今現在、どんな状況でどんな風に生活を送っていますか?絶好調ですか?絶不調ですか?それとも、中途半端な感覚を覚えていますか?何も考えられませんか?そんな時にどう考えますか?



もし最悪な状態だったと考えてるとします。もうこのままどこまで落ちるのだろう?何時までこの状態が続くのだろう?



「今より悪い状態はない。」



と言う時もあるでしょう。そう言ってるうちはまだマシです(笑)そうした状況を理解し、そう捉えて居るのですから。それは、上がるだけだと心のどこかに強いものを持ってる証拠です。



「では、上に上がりましょう。」



単純にそんな風に私は考えこれまで幾つもの困難を乗り越えて来ました。でもそれで良く無いですか?上がれば良いんです。そして、満足するまで、納得するまで突き詰めれば良いのです。その時に、初めて自分がその先にどうしたいのか?本当はどうしたかったのかが明確な答えとして見えて来るのかもしれません。



私は、今でもそうした究極のことをわがままに追いかけているのかもしれません。又は、究極は人と人の繋がり無くして、成功は成り立たないと考えてるのかもしれません。そうした意味で、こうした発信と言うのは仲間を募る一つの行動であるとも考えられます。



では、仲間をどの位募るのか?それは、私がもつキャパシティに関わって来ますが、多くの人を募ろうと思えば募れるでしょう。浅く広く?深く狭く?と聞かれるのであれば、後者を私は選びます。



狭くて良いから深く関わりたいと言うのが本音です。



勿論、人には好き嫌いがあるでしょう。私のことを良く思わない人も世の中には多かれ少なかれ居ると思いますが、もし関わって頂くことが出来るのであれば、私は筋金入りだと言って頂ける態勢で関わりを持ちたい。そこに色んな瞬間を見たり、多くの感情を感じたいと願っています。



確かに広く多くの方と関わり、出会いを持つことは間違いではありません。その方が、沢山の機会と、沢山の感動が待ってるかもしれません。ただ、そこに費やせる時間や労力などが手探りな面もありますが、何より手抜きをしたくないのです。



どうせなら、先ずはあなたが成功して下さい。そのあなたが今度は誰かを成功させて下さい。あなたが成功させた人は、人の為に何かをするかもしれません。私が出来る事よりもっと大きな事を成し遂げるかもしれません。そういう人との繋がりに大きな喜びを得る事が出来ると私は考え、中途半端に関わる様なスタンスなら、ガチガチに堅い関わりを持とうと決めました。




いつかまた、そのうちでは何時まで経っても何かを達成することは出来ません。



面倒臭い、生半可じゃてっぺんまで上れません。




人は弱いもの。そんな考えが過る事もあるでしょう。ただ、その人自身の能力を最大限生かすには、徹底的に関わりを持つことに私はこだわって行きたいと考えています。





気持ちに応える人、結果を出す人と言うのは、いつも少数派であると僕は思っています。



10人が生み出す利益が100人が生み出す利益に勝つのは、以外と不可能では無く、可能なんです。



それを僕は証明しています。その証明は、誰にでも出来ることを私は知っています。



  1. 2012/07/20(金) 18:33:37|
  2. ブログ

100円で自分の能力を伸ばす方法

日々の生活の比率をグラフにするとします。そうした時に、100%中、どれだけ自分が求めてる目標の比重がその中にありますか?



びっくりする様な統計があります。これは、心理学のある第一人者が出した統計なのですが、人は日々の暮らしの中で約95%は何も考えていない、能力を使用していないと言うのです。残りの約5%が現実的なことや、目の前のことなどをしっかり考えてると言う事になります。



びっくりする様な統計と言ったのには、決してマイナスなイメージがある訳ではありません。自分の能力の約5%だけで、日々の生活が送れると言うことに驚いたのです。それほど、人間と言うのは優れた処理能力を持っていると言うことに、驚き、感動すらするくらいです。



では、その残りの約95%は何なのかと言うとそれは「潜在能力」だと言います。そして、その潜在能力をあと数%使う事が出来れば、世界に影響を与える程の能力をどんな人でも発揮するらしいのです。例えを挙げるならば、オリンピックで金メダルを獲る、世界で有名なミュージシャンになると言ったところでしょうか?



ただ、そんな事言われてもピンとは来ませんよね?自ら潜在能力を動かしたいなどと考える人も少ないと思います。オリンピックの金メダリストも潜在意識など考えずにメダルを獲ったかもしれません。私も、つい最近まではこの事は知りませんでした。身体のどこかにメーターなどが付いていて、今何%なのか?と言うのが解れば良いのですが、ウルトラマンでは無いので、そうも行きません。



不思議なことに、この約95%と約5%と言う数字は他のことにも当てはめられます。随分前にある文献で読んだ事があり、この話を聞いて思い出しました。それは、「人生」です。



人はトータルしてほとんどの人が、人生の95%を想像で生きると言うのです。自分の頭の中で考え、イメージを膨らませます。そうしたことの繰り返しが日々行われ時間は刻一刻と過ぎ去って行くのです。




それって考えたらとんでも無いことですよね(汗)



でも、よく冷静に考えてみて下さい。ふとした時に考えてることって殆どがイメージだと解るはずです。




美味しい肉が食べたい、ラーメンと餃子が食べたいなど、食べ物以外であれば、眠くて自宅のベットで寝るところを想像したり、疲れてる時はゆっくり温泉にでも行きたいなどと想像したりします。季節によってその時に沿ったことも想像したりするでしょう。私も勿論色んな想像をしますが、まさかここまでだったとは知りませんでした。



自分が求めることや目標に対して、日々使ってる自分の能力の約5%と言う数字を伸ばしたいと考えるとします。それは、実際に潜在能力を使って行くということです。そうする事が出来れば、イメージのみならず、自分が持ってる能力は使う事が出来ますよね。




簡単に出来る方法があるのをご存知でしょうか?


一切お金の掛からない方法です。一冊のメモ帳を準備しましょう。


100円ショップに行けば、ノートやメモ帳が売ってます。何も革製のカバーが付いたメモ帳を準備する必要などありません。


その手帳に自分の夢や目標を朝起きた時、寝る時に書くと言うことです。10回ずつ。しっかりと。無理なら初めは5回ずつでも構いません。




これって自分に自分の夢や目標を言い聞かせる作業なんです。そうすることで、その事に対して強く意識をする様になり、その為に何をすれば良いのか?どうすれば、その事を達成させられるのか?



その為の「行動」をする様になるのです。



試しで、1週間でも1ヵ月でもやってみると良いかもしれません。気が付くと、自分の日々の行動がどんどん変わって行くかもしれません。



ちなみに私は、過去にこれを日々50回書いていました(笑)



その手帳は、まだ思い出として大切にしています。

  1. 2012/07/16(月) 20:11:22|
  2. ブログ

未来は自分で作るもの

2014年4月、消費税が8%に上がる事が決まりました。



未来をイメージする事は老後をイメージする事と共通します。



決してネガティブな視点では見ないで頂きたい。



相続増税や年金不安、介護問題などで先行きが見通せないなか、人生最期の時「エンディング」を幸せに迎えるためにどうすればいいのか?私は時にこういう事を、現実的に考えます。私には家族が居ます。一家を支える柱となってる方は尚更真剣に考えることと思います。



実は消費税以外にも、介護保険料のアップや相続税の課税強化など、今後数年間は事実上の増税が目白押しとなります。公的年金についても、将来にわたって現行水準の支給が保障されると断言できる人はほとんどいないことはこうして記事をご覧の方もご存じでしょう。多くのビジネスマン含め、主婦等、実際に社会と接して生きてる方は、将来の自分の財布の中身に危機感を抱かざるを得ないことでしょう。



では、この先どうしたらいいの?



そんな疑問を抱くと思います。幸運なことに私は、かなり前より弱冠なる年齢から、資産形成に興味を持ち、行動を起こしただけではなく、失敗や結果を生み、そして学び、現在に至ります。



未来の資金を貯める最大のチャンスは?



基本的に、そうしたチャンスと言うのは、タイミングとして言うならば今です。今、すぐにでも動きだす事が出来なければ、いずれ自分で自分の首を絞める事になり兼ねません。



勝手な憶測かもしれませんが、私のブログを見てる殆どの方が60歳未満だと過程します。60歳未満の方にお伝えします。



今、稼ぐことをしないなら何時稼ぐのか?



基本的に60歳を越えると、既に引退世代となります。そこまでにどれだけ稼ぎ、どれだけ資産を形成させることが出来るか?



現在の預貯金はありますか?



将来、確実に入る退職金はありますか?



考えたくない現実だと言う事は社会を見てれば解ります。そして、そうした現実は事実であって向き合って行かなければなりません。



60歳時の貯蓄が0円で退職金を2000万円受け取った場合、全く運用しない場合はもちろん、年利3%で運用しても、老後はかなりきびしいやりくりを迫られる。しかも、医療費や介護費が発生すればするほど、資金が枯渇する時期が早まります。


ところが、60歳の時点で貯蓄が1500万円あり、退職金2000万円を加えると3500万円に達するということであれば、話は違います。多額の介護費などが必要にならない限り、ある程度の年齢まで贅沢をしなければ、80~90歳まで持つかもしれません。



ただ、それでもリスクが無いと言う訳ではありません。2040年には国土に立つ住居の40%が空き家になると言う試算をご存知でしょうか?すなわち、人口が極端に減って行き、将来的には我々大人が引退した後に支える若者が殆ど居ないと言う予測まで出てるのです。



現在の30代から年齢が上の世代の大人は全て自分で自分の面倒を見られる様な準備が必ず必要となって来るのです。



現在の収入源は幾つですか?1つですか?2つですか?それでも私は足りないと考えています。資産形成をどう考えて行きますか?今何歳でいずれどの位の資産を形成している事が出来れば正解なのでしょうか?疑問に感じる人や、どうすれば良いのか解らない方は私に聞いてください。



私は、1人でも多く、同じ日本に住み、日本を愛する人達にそうした役に立つ情報をお伝えして行きたいと考えています。

  1. 2012/07/09(月) 17:48:08|
  2. ブログ

プロフィール

kamio

Author:kamio
私は7つの収入源を持っています。


時代は、1つの仕事を持つだけでは生き残れない時代に入りました。2つ、3つと収入源を増やして行く方法をブログを通して無償でお伝えいたします。

お金が入って来る財布を7個持っていることで目標であった額の資産形成が出来た事、家族を守って行くと言う観点から、近々海外へ移住をしようと準備を進めています。移住するまでの期間、出来るだけ多く、日本での思い出を記録したり、日本に残したいこと、自分を育ててくれた日本に対しての恩返しを、私なりの資産形成術も踏まえ、このブログから発信出来ればと思います。


私は、十回程、転職を繰り返し現在に至ります。二十代になり営業職、社長秘書、IT関連、広告代理店等、企業を転々として来ました。そう聞くと立派な経歴を想像されるでしょうが、道路交通やビルの警備員から、土建業などの肉体労働から、祭り好きな性格から各地を渡り歩く出店(たこ焼き屋) をやっていた経験もある妻と娘を持つ親バカなオヤジです(笑)


自らが求めること、想像が出来る事は必ず達成出来るという志の元で、目標設定を明確にし、資産形成を二十代前半より開始。一つの枠には留まらない、好奇心と変化を常に追い求めたスタンスで、資産を運用。現在、メインの収入は資産運用とし、趣味の範囲で幾つかの会社も経営しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (47)
ご縁 (4)
知恵 (6)
食 (2)
収入源 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。